結婚したいのに結婚できない男達

婚活していると様々なタイプの男性と会います。婚活に勤しんでいるわたしが言うのもなんですが、この人は結婚できないだろうなという方に会ってしまうこともあります。

今回は婚活中に出会った結婚できない人をご紹介します。

 

ファッションに全く興味がなく更には清潔感がない男

一人目は20代後半の男性です。痩せ型の体型で、笑うと愛嬌があります。その男性とのお見合いの時なのですが、わたしとしては相手に良い印象を与えたくて服装に気を使ったつもりでした。ですが、待ち合わせ場所に現れた彼は、着古して袖口が汚れたトレーナーを着て、足元はサンダルというファッションだったんです。

一目で「この人と付き合うことは無い」と断定できました。ファッションに無頓着な男性は多いと思いますが、TPOに合った服装が出来なかったり清潔感に欠ける服を平気で着ている男性とは、一緒に歩きたくないですよね。

 

ひたすら仕事の愚痴を言う男

 

二人目は、30代前半の板前さんです。あまり背は高くないのですが、太っていないので均衡のとれたスタイルでした。見た目は申し分なかったのですが、お見合いの席で延々と仕事の愚痴をこぼしまくる姿に、一気に気持ちが冷めてしまいました。

仕事が忙しい中、お見合いに来てもらって悪いなと思っていたのに、わたしの話なんかほんの5分くらいであとは彼の愚痴ばかりですから、聞いていると気分が憂鬱になってきますよね。一刻も早く帰りたいと思った瞬間でした。

 

いきなり結婚を迫ってくる男

3人目は20代の介護職員の男性です。お会いする前のやり取りでは良い人だなという印象だったのですが、初めて直接会ったときに「早くご両親にご挨拶したい」と言われたんです。婚活中に出会ったのですから、もちろん結婚はしたいと思っていますが、まだ付き合ってもいないのに結婚ありきなことを言われたので、ゾッとしてしまいました。

一目惚れだとしても、ちゃんと段階を踏んで欲しいですね。

 

上から目線の男

4人目は、40代の男性です。お酒を良く飲むと言っていました。わたしは反対にお酒が飲めないのでそう伝えると、「じゃあ、飲み会の後迎えに来てもらえてちょうど良いな」と言われました。とっても上から目線の台詞に聞こえてしまって、彼の評価は一気にマイナスになりました。

彼にとって、彼女は都合が良い運転手程度なんだろうなと思うと、この人と付き合うことは完全にないと断定しました。

 

バカにする男

婚活をしていると、先にプロフィールのようなものを書くことがありますが、得意の欄に「料理」と書いていたら「それ、美味しいの?誰に食べさせたことあるの?家族以外、いないんじゃないの?」と、さも「お前の作る料理が美味しいわけない」みたいな決めつけのもとに聞いてくる男性にも出くわしました。

プロ並みの腕がないと得意とは言えないのかと、反論したくなりました。

 

声が小さい男

そして、極端に声が小さい男性にもお会いしました。婚活パーティーなど人が多い場所で会話すると、どうしてもいつもより声が大きくなるものですが、その男性は逆にどんどん声が小さくなるんです。隣で話していても耳を近づけないと聞こえないほどでした。

シャイだからというレベルではなく、口の中でモゴモゴしている話し方だったので、会話が疲れてしまいました。

 

以上が、実際に婚活中に出会った結婚できない男性陣です。過度にオシャレである必要はないのですが、清潔感があったり相手のことを理解しようとしてくれる姿勢に女性は惹かれます。それと真逆のことをしていれば、結婚できないのは当然です。まして、女性を下に見ているような態度の男性は、論外です。言葉遣いひとつで印象が決まることがあるので、意中の女性とのデートの時には充分に注意を払いましょう。

デートが楽しかったと思って貰えるように努めれば、次のデートに繋がりますよ。

 

参考:「結婚したい」本気で思っている人へ 婚活成功マニュアルZ