高学歴、高身長、高収入男性なのに「やっぱり結婚できないよね」と思えた体験談

女性が是非こんな男性と結婚したいと思えるポイントには、高学歴で、身長も高く、高収入なことがあげられるのではないでしょうか。

婚活をしていると、そんな超お買い得物件ともいえる男性が婚活していることがあります。ところが、意外とそういう男性は結婚が出来ないでいるのです。これからその理由についてお伝えします。婚活市場で、是非付き合って、結婚したいと思われている上位にランキングされるような男性がなぜ今まで一人だったのか、気にはなりませんか。

これほどの高スペックなものを持っている人はまずなかなか巡り合えることは少ないでしょう。ところが、そんな素晴らしいと賞賛されるような男性が、結婚が出来ず、結婚相談所などで婚活をしている現実があるのです。それでは、これから、なぜ結婚が出来ずに一人で過ごしてきたのか、その理由をお伝えします。

私は、当時4つの結婚相談所を掛け持ちして婚活していました。なぜか、私は高収入、高学歴の男性と巡り合う機会が多く、お見合いをすることが成功しました。ところが、私は、お相手からお見合い後お付き合いを申し込まれてもお断りすることをしたのです。では、なぜそのような決断をせざる負えなかったのでしょうか。

大体、そのような男性には3つの特徴があります。

 

女性への理想が高い

一つ目は、女性に対する理想が高いということです。これまでの自分の人生と、経歴、見栄などに加えて、老後の世話をきちんとしてくれるのか、浮気はしないのか、大和なでしこであってくれるのか、女性に、高い基準を設けています。女性から拒否されることを極度に怖がるため、自分に従順な女性を特に求めます。それだけではありません。

見た目も重視します。自分より身長が高いのはダメ、自分より出来ることがあってはダメ、他の人に紹介して、うらやましがられる人が好いなどです。当時の私の職業は、モデルをしていましたが、兼業で福祉の仕事もしていました。見た目も悪くないし、有名大学を卒業している上に、介護も出来るとなったら、自分に都合があってよいと思ったのでしょう。

大体お見合いした男性はほとんどすべてが今後のお付き合いをしたいと申し出てくれました。ですが、その裏に隠された愛を見ることが出来なかったので私の方からお断りをしました。

 

偏見がすごい

二つ目は、性格が偏っているということです。とても、良い条件の男性たちですが、女性との経験が極度に不足しています。そのため、女性と上手にコミュニケーションをとることが出来ません。女性が何を望み、何を希望しているのか、捉えることが難しいようです。ですから、お付き合いを始めたら、女性の方がよく気配りをして男性の機嫌を取っていかなければいけません。これでは、結婚生活を続けるうえで、育児などの時に、喧嘩になりかねず、不安なのでお付き合いはお断りしました。

 

趣味のクセがすごい

三つ目は、独特の趣味を持っていることです。これは、自分の世界が趣味の中に確立されていて、妻になった後でもそこに入ることは難しいことを示しています。独特な趣味ですから、当然お金のかかりますし、本人はそれを結婚後も続けたいと望んでいますから、結婚後の経済観念が食い違い、結婚生活が辛くなりかねません。

私が経験したことを踏まえて、具体的に、このように、高スペックでも結婚できない男性をご紹介しました。

 

 

結婚は、一緒にいて安らぎ、将来の不安があっても共に歩んで助け合っていける人とすることが一番幸せだと思います。くれぐれも、人を条件や、見た目、見栄などで決めつけて、自分の都合しか考えていない自分勝手な伴侶と一緒にならないように気を付けましょう。

結婚は最後まで添い遂げることが大切ですから、結婚することを焦って、相手を決めてしまうことはやめましょう。

 

参考:結婚できない女

結婚したいのに結婚できない男達

婚活していると様々なタイプの男性と会います。婚活に勤しんでいるわたしが言うのもなんですが、この人は結婚できないだろうなという方に会ってしまうこともあります。

今回は婚活中に出会った結婚できない人をご紹介します。

 

ファッションに全く興味がなく更には清潔感がない男

一人目は20代後半の男性です。痩せ型の体型で、笑うと愛嬌があります。その男性とのお見合いの時なのですが、わたしとしては相手に良い印象を与えたくて服装に気を使ったつもりでした。ですが、待ち合わせ場所に現れた彼は、着古して袖口が汚れたトレーナーを着て、足元はサンダルというファッションだったんです。

一目で「この人と付き合うことは無い」と断定できました。ファッションに無頓着な男性は多いと思いますが、TPOに合った服装が出来なかったり清潔感に欠ける服を平気で着ている男性とは、一緒に歩きたくないですよね。

 

ひたすら仕事の愚痴を言う男

 

二人目は、30代前半の板前さんです。あまり背は高くないのですが、太っていないので均衡のとれたスタイルでした。見た目は申し分なかったのですが、お見合いの席で延々と仕事の愚痴をこぼしまくる姿に、一気に気持ちが冷めてしまいました。

仕事が忙しい中、お見合いに来てもらって悪いなと思っていたのに、わたしの話なんかほんの5分くらいであとは彼の愚痴ばかりですから、聞いていると気分が憂鬱になってきますよね。一刻も早く帰りたいと思った瞬間でした。

 

いきなり結婚を迫ってくる男

3人目は20代の介護職員の男性です。お会いする前のやり取りでは良い人だなという印象だったのですが、初めて直接会ったときに「早くご両親にご挨拶したい」と言われたんです。婚活中に出会ったのですから、もちろん結婚はしたいと思っていますが、まだ付き合ってもいないのに結婚ありきなことを言われたので、ゾッとしてしまいました。

一目惚れだとしても、ちゃんと段階を踏んで欲しいですね。

 

上から目線の男

4人目は、40代の男性です。お酒を良く飲むと言っていました。わたしは反対にお酒が飲めないのでそう伝えると、「じゃあ、飲み会の後迎えに来てもらえてちょうど良いな」と言われました。とっても上から目線の台詞に聞こえてしまって、彼の評価は一気にマイナスになりました。

彼にとって、彼女は都合が良い運転手程度なんだろうなと思うと、この人と付き合うことは完全にないと断定しました。

 

バカにする男

婚活をしていると、先にプロフィールのようなものを書くことがありますが、得意の欄に「料理」と書いていたら「それ、美味しいの?誰に食べさせたことあるの?家族以外、いないんじゃないの?」と、さも「お前の作る料理が美味しいわけない」みたいな決めつけのもとに聞いてくる男性にも出くわしました。

プロ並みの腕がないと得意とは言えないのかと、反論したくなりました。

 

声が小さい男

そして、極端に声が小さい男性にもお会いしました。婚活パーティーなど人が多い場所で会話すると、どうしてもいつもより声が大きくなるものですが、その男性は逆にどんどん声が小さくなるんです。隣で話していても耳を近づけないと聞こえないほどでした。

シャイだからというレベルではなく、口の中でモゴモゴしている話し方だったので、会話が疲れてしまいました。

 

以上が、実際に婚活中に出会った結婚できない男性陣です。過度にオシャレである必要はないのですが、清潔感があったり相手のことを理解しようとしてくれる姿勢に女性は惹かれます。それと真逆のことをしていれば、結婚できないのは当然です。まして、女性を下に見ているような態度の男性は、論外です。言葉遣いひとつで印象が決まることがあるので、意中の女性とのデートの時には充分に注意を払いましょう。

デートが楽しかったと思って貰えるように努めれば、次のデートに繋がりますよ。

 

参考:「結婚したい」本気で思っている人へ 婚活成功マニュアルZ