結婚したい!婚活パーティー成功の鍵は、あなた自身が握る

せっかく参加する婚活パーティー、どうせだったらめでたくカップルになりたいですよね。
しかし婚活パーテイーには成功を邪魔するいくつかのトラップがあります。
その問題をクリアする方法を、婚活パーテイーでの失敗談を交えながらお教えしたいと思います。

 

1.フリータイムは有効に使う

人と人の出会いというのは本当に難しいもので、相手がこちらを気に入ってくれたとしても、こちらも相手を気に入るとは限りません。あきらかにこの人と付き合うつもりはありませんと言い切れる相手に好かれてしまった場合は「断る勇気」が必要です。

たとえばフリータイムの時、男性も女性も自分が気になる相手のところへいき「少しお話しませんか?」と声をかけ、1対1でお話することができます。少しでも興味がある人ならばぜひお話してみて欲しいと思いますが、「お話しても話が合わない」「相手に興味が持てない」など判断した場合、せっかく声をかけてきてくれたからと相手を気遣いいつまでもお話する必要はありません。

フリータイムには時間に限りがあります。そんな時は適当なところで話を切り上げて「すみません、別の気になる方がいるので少しお話してきてもいいですか?」と断り、その場を去りましょう。

私は初めての婚活パーティーのとき、切り出す勇気が持てずまったく興味がない人とずっと話をして疲れて帰ってきた経験があります。

 

2.友達と参加のメリットとデメリット

初めて参加する婚活パーティーは、一人では心細い。友達と一緒に参加しよう!と考える人もいると思います。しかし友達の一緒に参加するにはメリットとデメリットがあります。メリットは相手も友達と2人で参加している場合2対2でお話することができ、会場内で「あそこも二人で来ているみたいだから話しかけてみようか」と友達と相談しながら動けるので、相手と話しやすいということ。

デメリットは自分と友達どちらかだけがカップルになった場合、帰り際の空気が悪くなります。自分だけカップルになるのは悪いから、とせっかくのチャンスを棒に振ってしまうのはもったいない。婚活パーテイーに参加することに慣れてくれば、あらかじめ友達と「どちらかがカップルになったら別々に帰ろうね」と約束するか「お互いカップルになってみんなで一緒にお茶でもして帰ろう」と約束しておくとスムーズです。

私は友達がカップルになり、その友達が「先に帰らないで」というので、カップルになった相手とお茶をしている時間、別の場所で時間をつぶして待った経験があります。

 

3.婚活パーティーは会場の外から始まっています

ある婚活パーティーに参加するため、駅から徒歩5分ほどの会場へ行き、受付を済ませたところで、そのパーティーに参加する予定の男性から話しかけられました。

「さっき、駅で歩いているところを見ました。まさかこのパーテイーに参加する人だったとは」と言われ驚きました。それほど派手な服装をしていたつもりはないのですが、その男性には私が印象に残ったようです。

パーティーが始まる前から、婚活パーティーは始まっているということです。男性ならばたとえば待ち時間の過ごし方やロビーでの喫煙なども見られているかもしれません。女性ならはトイレでの大声での会話や、友達との歩きながらの笑い声などにも注意してください。

どこで誰に見られているかわかりません。よく学校や企業の面接でも、あえて控え室にスタッフを潜り込ませて素の様子を伺うという話も聞いたことがあります。それと同様、いつ誰に見られてもいいような立ち振る舞いでいることに注意すると、より素敵な出会いが待っていると思いますよ。

 

以上のことを踏まえて、ぜひ失敗しない婚活パーティーを!